薄毛治療に大切なこと

薄毛・抜け毛の対策として何よりも大切なことは血流と栄養です。発毛に要する十分な栄養を、豊富な毛細血管により、末梢まで届かせてこそ発毛は成り立ちます。血流と栄養はどちらか一方ではダメなのです。それを実現したのが発毛に必要な「サプリメント」に伝統的な「刺絡療法」を統合した「発毛刺絡療法」なのです。

発毛刺絡療法とは?
東洋医学の伝統に基づいた発毛刺絡療法は、末梢の血流を改善させ、そこに十分な栄養を届けて発毛を促す治療法です。元来、刺絡療法は難病治療やがん再発防止などの治療法の一つでしたが、そうした患者様方に発毛効果が認められたことから改良を加えて生み出された古くて新しい治療法です。

確実な薄毛治療を実現する3つの要素

1
刺絡療法で頭皮だけでなく全身の血流を改善!

刺絡療法とは血液の停滞である瘀血を改善する伝統的な鍼灸の方法です。当院では頭部への刺絡に限らず、血流の渋滞しやすい首や肩甲骨間の治療も重視しています。これは腰痛や膝痛にも応用でき、全身の血流を改善することができます。

2
サプリメント栄養療法で発毛に必要な全身の栄養状態を改善!

十分な血流があってもそこに発毛に必要な、十分な栄養がなければ効果は現れません。当院ではこれまでの幅広い栄養指導の知識を活かし、一人一人にピッタリとあったサプリメントを厳選し、食事指導もあわせて行っていきます。

3
発毛に必要なスキンケアと毛髪ケアを知る!

発毛には治療だけでなく、自らも積極的にとりくむセルフケアが重要です。これまで有効であったスキンケアや毛髪ケアを組み合わせて、発毛に促すセルフケアを指導していきます。また毛髪のコンディション改善のために、当院オリジナルの美容水を用いて美容の面からもサポートしていきます。

4
「瘀血」は万病のもと!

血液の流れの悪い状態、いわば血液の渋滞を「瘀血」と呼びます。「瘀血」は東洋医学において「万病のもと」と考えられており、これを効果的に治療する方法が「刺絡」という方法なのです。
「瘀血」は体中至る所で生じる可能性があります。心臓であれば心筋梗塞、脳であれば脳梗塞となる可能性があり、首や肩では首こり、肩こりに、腰であれば腰痛の原因にもなります。当院では体の中で最も血の渋滞の起こりやすい場を「脊椎」つまり「背骨」であると考えます。その中でも首、肩は特に渋滞しやすく、そこでの渋滞は頭部全体の血流悪化の原因となります。こうした考えに基づき、背骨における渋滞ポイントである脊椎静脈叢の瘀血を治療していくことができる刺絡療法を重要な治療法と捉えております。抜け毛や薄毛治療をきっかけに「け(毛)」だけでなく、皆様のもっと大きな「けんこう(健康)」を取り戻すお手伝いをしたいと小池統合医療クリニックは考えます。

担当医紹介

小池弘人
(Hiroto Koike M.D. Ph.D. LFHom.)
日本統合医療センター・小池統合医療クリニック院長
経歴
博士(医学)・修士(人間科学)・群馬大学医学部非常勤講師
1995年 群馬大学医学部卒業
2004年 アリゾナ大学統合医療プログラム修了
2007年 小池統合医療クリニック開院
2016年 日本統合医療センター設立

日本統合医療学会指導医・日本内科学会認定内科医・日本臨床検査医学会臨床検査専門医
統合医療カンファレンス協会代表理事・統合医療学院理事・統合医療学会群馬県支部顧問

私の専門は、現代医学に、東洋医学など幅広い補完医療を統合して用いる「統合医療」です。
この統合医療の考えから「刺絡」という伝統医学の技法を、現代医学の考えに基づいて再編成し、発毛に応用しました。
発毛に必要な栄養と、それを末端にまで届ける十分な血流、この二つがそろうことで自らの「発毛力」を目覚めさせます。
そしてさらに発毛をきっかけに、健康な身体も取り戻してみませんか。

>>プロフィール詳細

小池統合医療クリニック

160-0004
東京都新宿区四谷2-8新一ビル602
TEL:03-3357-0105
FAX:03-3357-0129
診療時間:10:00-18:00
休診日:火・水・日曜祭日

お問い合わせ

名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
性別
郵便番号
住所
電話番号
お問い合わせの内容

この内容で送信してよろしいですか?